カテゴリ:おでかけ( 15 )

マイルストーン

f0202071_811087.jpg

年が明けてから実家へ正月の挨拶に。
上の弟家族とは入れ違いになったけど、両親と妹夫婦と下の弟と一緒に過ごすことができた。
考えも古い家だったので、元旦の日は朝7時には家の中の神棚に挨拶して、みんなでおせちを囲んだ。子どもの頃は、朝早いしいやだった。着物を着ることもあって面倒だなと思ったこともあった。今はその良さが少しは分かるようになったし、懐かしいと思うようになった.
f0202071_813153.jpg

縁側の板ガラスも入れ替えたものがあることに気づく。
実家に帰る度に、昔は当たり前だったことを改めて知ることが多い。
古い家はそのままだけど、みんな違う場所に居たり、年をとったり、少しずつ変わっていく。
時間が流れるとはそういうことで、古い柱を触ったりしながらそういう変化も愛おしいと思えたらいいかと思った。
マイルストーンのように、たまにそこに戻って今の自分の位置や進むべき道を確認するよう。
f0202071_82851.jpg

みんなで初詣に行ったり、トランプや人生ゲームで遊んだり、夜遅くまでしゃべったり。
それが形を変えても皆元気で正月を迎えることに感謝して。

f0202071_823610.jpg

年末にB級グルメの番組を見てから、ずっと食べたかった明石焼。
たこ焼きではなく、玉子焼きと言われる玉子メインで焼かれたもので出汁につけて食べる。明石蛸が入ってその風味とふわふわの食感が好き。
会社員時代に東京から出張にきた先輩たちをよく案内したっけ。
f0202071_82578.jpg

きむらやのお店はその当時のままだった。
マッチがなかなかかわいい。
f0202071_842693.jpg

そのまま海の方へ散歩。
休止中のたこフェリー。
f0202071_834974.jpg

明石海峡。
この海は今住んでいる島ともつながっている。
過去も未来も全部つながっている。

本年もよろしく。
[PR]

by potari5 | 2011-01-12 08:25 | おでかけ

青春18きっぷ

f0202071_11234538.jpg

実家への帰省。
子どもたちも大きくなってきたので、久しぶりに青春18きっぷを使い鈍行の旅へ。
小さい頃は、いかに早く目的地に着くかを考えていたけど、道中を楽しんで行けるかも、またそれも知って欲しいと思った。

本と飲み物とお菓子を買い込み、いざ出発。
ちょうどボックス席に座れたこともあり、リラックスムードでガタゴト揺られる。
息子は、貨物列車の先頭車両や特急列車の形が好きなので、車庫があると一緒にかっこいいねと眺めた。
私は、尾道や倉敷で途中下車したくて。一度降りるとすぐ帰れなくなりそうなので我慢。
途中何度か乗り換えながら、お昼休憩のため岡山で途中下車。

f0202071_11284462.jpg

トイレに行ったり、コインロッカーに荷物を置いたりして、
岡山駅西口の方へ。
奉還町という場所の商店街がなかなかいい味を出していた。
生産量日本一の岡山の学生服屋さんは、マネキンがゴリラでインパクト大。

f0202071_11305654.jpg

途中、「akizu」という古道具屋さんを見つける。
いい感じのガラクタ度で、ゆっくり見てみたかったがまずは昼ご飯。
f0202071_1132456.jpg

目的の「The Market」というお店へ。
エスプレッソバーという肩書きだが、天然酵母のパンや自然食品を扱っている。
カフェスペースで食べることもできるので、サンドイッチとフレッシュジュースを頼んだ。
きちんと作られた味で、全部美味しかった。
店に並んでいる雑誌も好きなものが多く、近くにこんな店があったらと思う。
おやつにマーブルブラウニーやチーズケーキを買って、駅へ向かう。

大きな荷物を持ったり、長い時間車内で過ごすことになったが、
子どもたちは「楽しかった。」と。
すすんで荷物を持ってくれたり、公共の乗り物でじっと過ごしたりとだんだん頼もしくなってきている。
[PR]

by potari5 | 2010-04-06 11:56 | おでかけ

ビター&スウィート

f0202071_21112783.jpg

ここ数ヶ月、仕事で島根へちょくちょく出かけ、途中産直市へ寄ったり、田舎のお店でご飯を食べてみたりとついでにいろいろ楽しんだ。
肉厚のしいたけ、新鮮な野菜、春の訪れを告げるふきのとう...。
お買い得で嬉しい寄り道。

ふきのとうを買ってきて、ふきのとう味噌を作った。
春の苦みが美味しい。

f0202071_21142875.jpg

確定申告や、仕事上の免許の更新や、島根通いも一段落したので、
久しぶりに市内へ出かける。
この日は春の雨で、平日ともあって人が少ない。
広島ー宮島線から南北へ伸びる線は、古い路面電車が多い。
大阪や京都で活躍していた電車を使っていて、そういう古い車両に当たると嬉しい。
運転席が好きで、空いていれば近くに座って運転を眺める。
いちいち機械類が格好良い。

f0202071_21181030.jpg

鷹野橋のサロンシネマへ「(500)日のサマー」を観に行った。
The Smithsが好きだったことがきっかけで知った映画だったが、すごく面白かった。
遠い昔、スミスをはじめイギリスの音楽が好きで、その空気を感じたいと海を渡ったくらい若気の至りな自分を思い出した。
恋をして一喜一憂していた気持ちや、思い込みやら妄想のこっ恥ずかしい思い出などを観たようで可笑しかったり愛おしかったり。
トムやサマーの着ているものも素敵だったし、音楽も良かった。
運命と偶然についてちょっと考えたりした。
イタい経験は、今の自分に必要だったものたっだし、苦い思い出があるから甘さをもっと感じることもできるんではないかなとも思う。逆もまた然り。
[PR]

by potari5 | 2010-03-16 21:30 | おでかけ

ムーミン

f0202071_1773374.jpg

暖かくなったと思ったら、また寒さが戻ってきたり。
三寒四温という言葉がぴったりの三月。

仕事先で目にとまった梅の木。
まだ肌寒い田舎の景色の中にここだけ華やかで春の訪れを感じた。
寒さの中でこそ感じられる春もいいと思った。

f0202071_1793911.jpg

広島県立美術館へムーミン展を見に行ってきた。
ちょうど施設内の県民ギャラリーで息子の書道を貼ってもらってると知って、
これはその会期中にどうしても行かねばと慌てて行ってきた。

ムーミンは子どもの頃、「ねぇムーミン、こっち向いて♪」の歌で始まるかわいいアニメを見ていた。トーベ・ヤンソンの書いたムーミンの物語を読んだのは大きくなってから。
原画展ということで、本の中にちょこっ、ちょこっと入っている挿絵がたくさん展示してあった。
小さいムーミンの線のいいこと!
白黒の世界で、線で描かれる可愛らしさ、怖さ。
まるで優しくて厳しい自然がそのまま線に現れているようだった。
ほんわかした絵もいいが、夜の絵を見て、子どもの頃真っ暗な夜の道を一人で歩いて何かが付いてきているような恐ろしさも思い出した。

帰ってきてから、久しぶりにムーミンの物語を読み返している。
挿絵の中の小さなムーミンを手でなぞりながら。

f0202071_17193639.jpg

夜の町は久しぶりだった。
[PR]

by potari5 | 2010-03-08 17:20 | おでかけ

見たもの、心うごかされたもの

f0202071_11582499.jpg

広島現代美術館へ「一人快芸術」を観に行ったこと。
プロアマを問わず、一人の人間がこだわりを持ってやったこと、
作ったことを取り上げている。
こだわりが半端じゃないことは、人の心を動かすと実感。
吉村芳生の模写、沢田マンションなど、改めてすごい。
平田一式飾の展示もすごい世界だったな。
f0202071_1255638.jpg

山下陽光の展示や新聞も面白かった。写真オッケーの場所で見つけた梅佳代の鳥の絵もかわいかった。もちろんじいちゃんさまも。

f0202071_1283120.jpg

さて、お次ぎは手仕事フォーラム主催の、日本の手仕事「民芸品」新作優品の会を見に、八丁堀の福屋へ。
全国のいろんな地域からやってきた民芸品たち。
広島でなかなかこれだけの数を一度に見ることができないので、
それだけでもうきうきした。
陶器や硝子も、それぞれの色や形でうっとりだったが、籠の手技がきれいでじっくり見ることができた。場所によって素材や編み方を変えてなるほどーと感心する。
代表の久野さんともお話して、旅について手仕事についての考えにとても共感した。
いくつか気に入ったものを家で早速使っているが、使うときもうきうき。
展示は2月24日まで。
f0202071_12916.jpg

[PR]

by potari5 | 2010-02-21 12:27 | おでかけ

お早う

f0202071_14435447.jpg

確定申告の準備で、銀行に行くついでに寄ったギャラリー。
「No8と9」
貸しギャラリーで、いろんなイベントがあるそう。
この日は、五日市のFRASCOさんの出張店舗になっていた。
「アンティークなキッチン雑貨」というイベントで、ヨーロッパの古い食器や道具などが並んでいた。品揃えはやはり本店の方がたくさんだけれど、このビルや部屋の雰囲気と合っていた。

八丁堀まで行ったので、ギャラリー一葉さんにも寄る。
いろんな作家さんの器を見せてもらったり、いろいろ話を聞かせてもらう。
いただいたチコリの根のお茶も美味しかった。

f0202071_14534129.jpg

さくらぴあで、「日本映画名作特集」をやっていたので、
ちょっと長い休憩をもらい行った。
昼ご飯はインドカレー。久しぶりにスパイスがきいたカレーを食べて大満足。
体も温まったし、焼きたてのナンの美味しいこと。
市川崑監督の「東京オリンピック」が見たかったけど、時間が合わず、次に見たかった小津安二郎監督の「お早う」を見ることができた。

昭和30年代の新興住宅地のお話で、どこにでもよくある日常を子どもの目を通してユーモアたっぷりで見ることができた。
「無駄があってもいいんじゃないかな、世の中...。」という台詞、
そして続く「大切なことはなかなか言えないのにね。」という台詞も印象的だった。

オナラのエピソードや、レトロなチェックのカーテンや家電など、見所満載で、笠智衆さんも変わらず格好良かった。

最後の若い二人の「お早う。」「いい天気ですね。」という、子どもから見ると無駄なことを何度も繰り返すやり取りが微笑ましかった。
なかなか言えなくてもいいよねと思った。
[PR]

by potari5 | 2010-01-16 15:04 | おでかけ

お正月

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。
f0202071_11485929.jpg

年末は大晦日に初雪。
ここでも一日降ったり止んだり。
f0202071_11512565.jpg

寒い中、宮島の鎮火祭へ。
神社の大晦日の神事で、年末に準備した松明を持ち寄り、午後六時に火が着けられると一斉に火の取り合いになり、浜は火の海に。
火をつけた松明が行ったり来たりしていると、火の暖かさで寒さも平気に。
火を消した後は、その松明を家に持って帰って火難除けのお守りにする。
f0202071_1155644.jpg

新年は広島で迎え、年が明けて兵庫の実家へ向かう。
食べたり飲んだりしながらあれやこれやと親や兄弟と話をする。
年とともにこういった時間の有り難さを感じるようになる。
故郷の風景や懐かしい顔は、私に力をくれる。
ここがあるからどこにだって行けるし、何だってできるような気がする。
f0202071_1159741.jpg

帰りは少し寄り道をして、笠岡の「竹喬美術館」へ。
生誕120年 小野竹喬展」をやっていたので、正月に見たかった。
空や海の色、絶妙なバランスの枝...。きれいで、こういう風景を私も見たことがあると思った。

今年も、興味のあるものを足を運んで見に行きたい。鳥取行きたいな。
30代で自分の好きなこと、やりたいことが明確になったので、たくさん吸収したい。
40代にそれを形にできたらなと思う。
[PR]

by potari5 | 2010-01-05 12:09 | おでかけ

長門 湯本温泉

f0202071_829238.jpg

俵山の仕事のあとに、長門湯本温泉に寄り道。
レトロな外観の共同浴場「恩湯」。
夜になると湯本温泉という赤いネオンが光る。
f0202071_8323895.jpg

温泉街の真ん中には「音信川(おとずれがわ)」という大きな川が流れ、宿が並ぶ。
f0202071_834782.jpg

焼き鳥屋の看板に導かれ、路地裏に。
f0202071_8343996.jpg

小さな旅館の跡。引き戸の木の模様がかわいい。
f0202071_8352887.jpg

こちらも昔は旅館街?迷路のようで、タイムスリップ。
f0202071_837123.jpg

もう一つの共同浴場「礼湯」までの道。雰囲気が良い。
f0202071_8374546.jpg

恩湯の壁のガラスの色が好み。
f0202071_8381461.jpg

カブと丸ポスト。好きなものの2ショット。かっこいい。
路地裏は、ワンダーランド。
[PR]

by potari5 | 2009-11-26 08:39 | おでかけ

里の秋

f0202071_1661630.jpg

山口の俵山温泉へ。
のどかな里山の風景。
この夏行った、同じく湯治の古い温泉「肘折温泉」と似ていると思う。
長門から少し入った山の中にひっそりと。
f0202071_1685019.jpg

周りはのどかな農業地帯で、柿の木が似合う。
公園の山の上にはススキが。
f0202071_16114410.jpg

鄙びた温泉宿が並ぶ通りもいいし
f0202071_16123447.jpg

さりげなくかわいいものがあったり
f0202071_16131158.jpg

迷路みたいな路地もあったりしてお気に入りの町。

美味しいものもいっぱいあって、本気でここで湯治というものをやってみたいと思う。
自然の力を借りて、本来持っている治癒力を高める。
東洋医学の良いところ。
良い温泉と良い環境があって、のんびり過ごしたら気持ちも体も元気になりそう。
f0202071_1613465.jpg

駐車場に立っている体操の看板。
これはちょっと高齢の方にはきつそうな...。
[PR]

by potari5 | 2009-11-12 16:50 | おでかけ

浜田の和田集落

f0202071_12214110.jpg

浜田に仕事に行ったお昼。
時間が空いたのでドライブで散策。
和田という集落に。
f0202071_12224846.jpg

f0202071_1223219.jpg

小さな集落だけど、石州瓦の古い日本家屋が並ぶ。
古いたばこ屋さんも。
f0202071_12244276.jpg

f0202071_122508.jpg

帰って和田について調べたら映画「天然コケッコー」のロケ地の一つだったようで。
なんと、上の写真のガラス戸の名前と、ナショナルのシャッターの絵は、舞台美術として後から描かれたそうでびっくり。
違和感なくなじんでたし、そのままになってた。
f0202071_1227093.jpg

途中、通り雨にあう。
お祭りがあったようで、きれいな傘が。
でも、人の気配がほとんどなくて、空き家のようにそのまま忘れられてしまうのかと思うとせつない。農作業とかに出られてたのかな。
f0202071_12272051.jpg

帰りに見た古い中学校の校舎。
島根は古い木造校舎が多くて、偶然見つけると嬉しくなる。
[PR]

by potari5 | 2009-10-28 12:32 | おでかけ