カテゴリ:いろいろ( 8 )

必要なもの

f0202071_129886.jpg

梅雨が明けて、ずっと厳しい暑さ続き。
夕立すら降らなくてからっとから。

そんな中、息子のサッカーの手伝いで丸一日外で過ごしたりしていて、体調を崩した。
たぶん、軽い熱中症から夏風邪になったんだと思う。
熱が体にすごくこもってるのが分かった。

思い返してみるとここ数年、梅雨明けの同じ時期に体調を崩している。
きっと厳しい暑さに体が順応できてないんだろう。
自分の体のペースを良く知って、上手に付き合っていくことは大事だ。

夏は体を冷やさないように、暖かいものをできるだけ採るようにしている。
今年は、甘酒を作ってみた。
残りご飯に米麹を混ぜて一晩保温しておくという簡単なもの。
それだけで十分甘くて美味しい。
今まで甘酒があまり好きでなかったのは、砂糖の甘さだったと思った。

この甘酒が滋養食で、疲れた夏の朝にぴったりだった。
夏風邪もようやく治り、子どもたちは夏休みを過ごしている。

f0202071_12161465.jpg

ここ数ヶ月、蓋物にとても惹かれて自分でも作ってみた。
直径7センチほどのシンプルなもの。
本当は蓋を少し丸みを持たせたかったのだけど、乾かして焼いたら真っ平らになった。
でも、この素っ気なさが気に入っている。
教室で教えてもらうようになっていろいろ作ってみたけど、
最近自分が作りたいものが分かってきた気がする。

f0202071_12183924.jpg

アクリルに閉じ込められたタンポポの綿毛のペーパーウェイト。
こういうのに弱い。
古いモノで1970年代のものらしい。
同世代。
どこでどんな人に使われてやってきたんだろう。
透明なものは涼しげでいい。
[PR]

by potari5 | 2010-07-28 12:20 | いろいろ

雨と苔と。

f0202071_11553339.jpg

新緑が美しい季節。
つい若葉に目がいきがちだけれど、
苔たちも元気できれいな色になっている。
この間、散策で山の中を歩いた時に鮮やかな苔の色にフレッシュな気分になり、
なでなでした。
f0202071_11554914.jpg

途中見つけた古い家の裏。
こういったエアポケットのような空間に惹かれる。
f0202071_11562057.jpg

岡山のナショナルデパートのカンパーニュ。
前に岡山に途中下車したとき時間がなくてあきらめた。
楽しくて美味しいパン。
大きいのも見てみたい。
f0202071_11564560.jpg

最近雨もよく降る。
夜は蛙の大合唱。
内祝いで蛙の洗剤をもらった。
ずっと気になってたので、試してみたい。
[PR]

by potari5 | 2010-05-23 12:01 | いろいろ

結晶

f0202071_114089.jpg

息子が掃除中に理科の先生からもらった結晶。
嬉しそうに見せてくれた。
たぶんミョウバンの結晶だろう。
ちょうどボタンを入れていた瓶が理科室用だったので入れて飾っている。
昔からキラキラしたものが好きで、結晶は憧れだったな。
モノが少しずつできあがっていく仕組み、その美しさが詰まってるんだと思う。
f0202071_11403896.jpg

寒さがまた戻ってきて、なんだか自分も含めて風邪気味の人が多い。
でも、日差しは確実に春の色に変わってきている。

この時期、確定申告の準備で経理の仕事をすることが多い。
おおざっぱな性格ゆえ苦手な作業なのだが、機嫌良くできるクスリが音楽。
好きな音楽をかけながらやっているとはかどる。

雨と休日というセレクトCDショップを通じて買ったCDもヘビーローテーション。
雨の日や休日に合う穏やかな音楽を集めたコンセプトがしっかりしたお店。
何でも売っているお店、安けりゃいいという消費者が増えている中、大型店ではなく古い商店街にある小売店のような存在が好きだ。
レコードはレーコード屋さんで、本は本屋さんで。
誇りを持って営業している方のお店から購入したいなと思う。
[PR]

by potari5 | 2010-01-26 12:07 | いろいろ

古い道、古い道具

f0202071_11444078.jpg

朝海沿いを歩くこと以外に、休日も歩きたくなる。
子どもたちは大体友達と遊ぶようになっているが、たまに友達がお出かけしたりして居ない時は、誘って一緒に歩く。
車を運転する道ではなく、山沿いの旧道が面白く、いつもと違う風景に出会ったり発見がある。
f0202071_11464850.jpg

初めて合う犬。路地裏の山に近い場所につながれていた。
首をかしげる犬に弱い。
歩いているうちに体も温まり、どんどん歩けるような気分になる。

f0202071_11484545.jpg

地御前にできた古道具と雑貨のお店「白鳥座雑貨店」へ。
電停から踏切を越えて、路地を入ったところにある青い屋根の平屋のお家。
子どもの頃の友達の家に遊びにきたような。
f0202071_11505274.jpg

古いお家をいかして、古いものや手作りのものが並ぶ。
ほんわか店主さんのセンスで見事に同じ空気で馴染んでいた。
古いミシンや引き出し、ポータブルレコードプレーヤーなども懐かしかったが、
シャワランやバスボンなど古いシャンプーや洗剤が感激だった。
古いものは形も色合いもかわいいな。
f0202071_11533576.jpg

娘たちにボンボンのついた髪飾りなど買って帰る。
懐かしい茶色のガラスのカップ&ソーサー、欲しかったいろはのハンコを私用に。
最近気になるはりねずみも。
[PR]

by potari5 | 2009-11-22 11:56 | いろいろ

秋の風景

f0202071_10464519.jpg

11月の頭に宮島の千畳閣でゴンチチのライブを聴いてきた。
千畳閣は扉がないので雨にけぶる風景を見ながら。
途中雨も上がって、西日が差し込む中の二人のギターは本当に心地よかった。
まさに「放課後の音楽室」。

その時は紅葉が色付き始めたくらいだったので、
また紅葉狩りへ。
f0202071_104945100.jpg

五重塔の下に新しく出来たカフェ「sarasvati(サラスヴァティ)」。
伊都岐のオーナーが、使われていなかった古い建物を改築し、自分で壁など塗って作ったお店。モダンながら古いものがセンスよく置かれていて、ちょっと気分を変えたい時に良い空間。
珈琲ももちろん美味しい。
写真はお気に入りの2階。
f0202071_1054329.jpg

てくてく歩いて行くと紅葉谷公園へ。
紅葉は見頃になっていた。グラデーションがきれい。
特に陽に透けた色がいい。

f0202071_10553682.jpg

先日江田島からフリーペーパー「Bridge」最新号が届いた。
そこで暮らす人のぬくもりが伝わってくる。松浦弥太郎さんのインタビューも良かったし、特に写真が良くて、裏表紙は言葉とともにじんわりした。
大将とキムチンさんがそれぞれ個人的に作ったZINEとツメキリ新聞は、らしさがぎゅっと詰まっていて、好きなことを形にすることの良さを実感した。
share the spiritした。
[PR]

by potari5 | 2009-11-17 11:55 | いろいろ

雨と太陽

f0202071_13415895.jpg

昨日は朝から山口に仕事で出かけた。
高速も猛烈な雨。
降りたら国道の一部が冠水していて、迂回路でお客さんのところを目指すが
目前の峠で山道が通行止めになってしまった。
「急がば回れですよ。」と他の道を教えてもらうが、やはり通行止めで断念。
仕事ができず帰るのが悔しかったが、途中山の許容量を超えた水が溢れ出し、崖の穴から水が噴き出したり、水浸しなっている箇所が何度もあったので、危険を感じて帰路へ向かう。川も濁流。

ここからが大変だった。
高速の乗り口も封鎖で、もう一つ東の乗り口へと車を走らせるが、いつもは走れる場所が全て通行止め。やっと山口市内へ辿り着いたが、インター近くは突然の冠水でそこを走った車が立ち往生してた。結局高速も通行止めになったらしい。
防府へ降りる道も走ったら、道には茶色い水と木切れが上がっていて、途中車が止まりだしたので急いでUターン。結局そこが土砂災害のひどかった262号線だった。
雨はやんだものの、山からどんどん水が流れてきて低い場所は危険で、川下は時間が経つほど溢れると思った。結局、津和野方面へ向かい、中国自動車道のインターで乗ることができ、船に乗ったのが夕方6時。

雨ぐらいで走れるわと思っていたのが間違い。
人知も自然の上では、ちっぽけなもの。
危ないかもという自分の直感を信じて無理をしないことが大事だと勉強になった。
その直感を鈍らさないことも。
前に取材で伺ったお客さんから「植林で植えた木は根が浅いので保水力がなくてダメだ」と聞いた。
地球に優しくというエコの論議が盛んだけど、大きな地球から言えば、薄い皮の上でちょこちょこ人間が勝手に作ったもので右往左往しているだけなのかもしれない。
もちろんエコの気持ちは大事だけど、もっと自然を知ることで自然に寄り添い生活することができ、結局地球に無理がないのかもと思った。
人が地球をどうこうできると思うことはちょっとした奢りかも、地球の声に耳を傾けて謙虚に暮らすことが大事かもなと思った1日だった。
f0202071_13421957.jpg

昨日はやれやれな1日だったが、今日は太陽が出てくれた。
子どもたちと部分日食観察。
雲があったものの、欠け始めから全部みることができた。
太陽と月と地球を感じることができて感動。
薄暗くなった空も不思議だったが、また太陽が丸く戻った時の安堵感も。

f0202071_13423853.jpg

日曜に近くのホールで、珍しいキノコ舞踊団のダンスを観てきた。
女の子を形にしたような。
きれいで力強くでコケティッシュでちょっと気持ち悪いところも。
あんな風に踊れたら気持ち良いだろうなと思った。
娘たちもすごいと釘付けだった。
[PR]

by potari5 | 2009-07-22 14:10 | いろいろ

ベガ

f0202071_11431821.jpg

梅雨らしく雨が降ったり止んだり。
私も働いたり休んだり。
先日久しぶりに市内へ出かけたらちょうどセールの初日で、いろいろ見てみる。
あるセレクトショップでThe North Face PURPLE LABELの紺と赤のチェックのシャツを買う。山歩きにも良いし、羽織ったり、涼しくなったら中に重ねてもかわいい。古着風。
同じくアウトドアブランドのAIGLEでも、白いナイロンパーカーを見つけ欲しくなる。
キャンプでも重宝しそう。
アウトドアの洋服は色もかわいいし、機能的で使いやすい。
最近また見直している。

f0202071_11523333.jpg

どうも梅雨の時期は蒸し暑いけれど汗があまり出なくて苦手。
この季節の楽しみは、さくらんぼ。
あっさりして程よい甘みと酸味で気持ちもすっきりする。
名前も形もかわいいよなぁ。

雨が多い時期だけれど、明日は七夕。
夜は晴れるのかな。
七夕と言えば、キセルの「ベガ」が好き。
織り姫星をベガと星の名前で呼ぶところが甘過ぎなくて良い。
暗い夜に星を見てせつないような不思議な気持ちになるのとイメージがぴったり。
プラネタリウムを久しぶりに見てみたい。
星に何を願いましょうか。
[PR]

by potari5 | 2009-07-06 12:03 | いろいろ

フレッシュ

f0202071_17583312.jpg

前にいただいた空豆。
ふかふかのベッドにお行儀良く眠っていたのを取り出して。
空豆を剥きながら食べるの大好き。
f0202071_1759327.jpg

そして梅の季節。
少し蒸し暑いこの頃は、こういう緑を見ると気持ちよい。
梅酒が何年も経ったものもあるので、今年も梅シロップを。
美味しくなあれ、美味しくなあれと揺する毎日。
f0202071_1805142.jpg

集金日、暑い中吸い寄せられるように、島の新しい宿にお邪魔して案内してもらう。
古い町家を改築した宿は一棟貸し。
島の町家は入り口は広くなくても奥に長い。
元々しつらえの良いお家だったらしく、中庭や二階の縁側など気持ち良さそうな場所がたくさん。
中からの眺めは、いつもの町だけれど、視点が変わるだけで涼しげに見えたり。

この宿若いご夫婦が始めたというのが良い。
高齢化が進む島で、若い人が元気で暮らせる町でないとといつも思っているから。
[PR]

by potari5 | 2009-05-30 18:05 | いろいろ