2011年 11月 01日 ( 1 )

銀河鉄道の夜

f0202071_939680.jpg

10月22日(土)に、無事宮島ブックトレイルが終了しました。
参加してくださった皆さま、ありがとうございました。
雨の予報どおり、午前中は雨が残っていたものの、
古本市スタートの12時頃から雨も上がり、晴れの天気に。

f0202071_9394519.jpg

出店者の方にはターミナルの厳妹屋に集まっていただき、自己紹介、ギンガムチェックの箱に古本を入れ替え準備。
岡山のデザインユニットfiftさんに協力していただいた、
「MAKE YOUR GINGHA」の白いバッジを、それぞれ好きにアレンジしてマークにしてもらいました。

f0202071_9392374.jpg

町家通りに遊びに来ていただいた方には、「銀河鉄道の夜」のしおりを持って、ぐるりと古本の駅を回ってもらいました。
各駅で本を選ぶと、パチンと穴開けパンチで星の形の穴が開いて、夜空に星が増えていくのです。

f0202071_939592.jpg

晴れ間が増えるとともに、町家通りを歩く人も増えてきました。
本や雑貨をきっかけにそれぞれの場所で話の花が咲いているのを見て、嬉しくなりました。好きなもの、好きなことの話をしている人の顔がいいな。

f0202071_94011100.jpg

出店者は以下の通り。
nice nonsence books、立花テキスタイル研究所、白鳥座雑貨店、M.saito、tea journey、メルヴェイユ、Bridgeの岡本夫妻、Hikalu Designの奥村夫妻、おひさま印の出雲さん、5:9 gradi luciのチエミサラさん、451ブックス、コニコのカヤヒロヤさん高橋由季さん、パンダパンの脇坂さん、新谷祐太さん、
Ebar (委託)、Bono Bagle (委託)、庭園の宿 石亭 (委託)、84、西日本の素敵な宿 高枕
店主の顔が見える素敵な品揃えをありがとうございました。

そして、軒下や建物を快く貸してくださった宮島の大家さんたちにも感謝。

f0202071_9403273.jpg

16時からのブックトークは「大人のための絵本講座」、
20時からのブックトークは「本の旅 夜に遊ぶ」という内容で、451ブックスの根木慶太郎さんにお話ししてもらいました。
場所は、宮島の町家「宮島こもん」にて。伊都岐の珈琲とりんごのビスコッティをお出ししました。

畳の上で、ゆったりと流れる空気、本の話。
次から次へと本や作家にまつわる話を織り交ぜて、本を紹介してくださる根木さんの話に、本が好きな方の目がきらきらと輝いていくのが分かりました。
静かな熱気に包まれた空間は、同じ列車で旅するようで、夢の中にいるような気持ちになりました。

f0202071_9405076.jpg

イベントを一緒に企画してくれた大田さん、イメージをカタチにしてくださったオリシゲさん、ブックトークに古本市まで本のイベントに深みを持たせてくれた451ブックスの根木さん、当日の写真とお手伝いをしてくださった三島さん、女子力でサポートしてくださったやすこさん、坂本さん、ありがとうございました。
てるてる坊主のてる子さんも大活躍。

一人では決してできなかったこと、たくさんの方に知恵や腕を借りてカタチにすることができました。感謝の気持ちでいっぱいです。
準備から通して、多くの方といろんなお話をして、それがとても面白かったことも大きな収穫でした。

反省点もありますが、それをふまえてもっと良いものにしたいと思っています。
またレールの先の次の駅で同じ列車に乗ることができたら嬉しいです。
[PR]

by potari5 | 2011-11-01 22:45 |