出雲へ 〜出西窯

f0202071_16225061.jpg

連休中、一日だけみんな予定のない日ができ、前から行きたかった出西窯の「炎の祭り」があるのかと思いながら、その日があんまり天気が良かったので急に出かけることに。
瀬戸内海から日本海まで一気に走る。
f0202071_16252795.jpg

出雲の市内を抜け、斐伊川を渡って山の麓にあったあった。
無自性館が定番や新作ものの展示の会場となっていた。
f0202071_16335158.jpg

f0202071_1634962.jpg

建物も素敵で、並んでいる器も気持ちよさそうで、テンションがあがる。
欲しいものはたくさんあるけど、冷静に気持ちを鎮めて必要なものを選ぶ。
お祭りの間は15%割引なのも嬉しい。
f0202071_16363330.jpg

さて、外に出るとアウトレットも。
手作りのみたらし団子や生姜糖など売っていて、この土地の祭りなんだなと思う。
f0202071_16375159.jpg

吉田璋也記念館へ向かう。
途中、建物の下に並ぶ古い器たち。
f0202071_16405514.jpg

上の方に行くとおにぎりと豚汁の炊き出しがあり、いただく。
ここでは「おかげさま」という考えがあり、このお祭りも地域の恵みへの感謝と周りの人たちへの恩返しだそう。
込み合っていたが、みんな譲り合って和やかに食べることができた。
豚汁は具沢山で酒粕も入っていた。ほかほかになる。
すすめられた焼き芋も美味しかった。
f0202071_16485131.jpg

登り窯を見せてもらう。
神様にお供えしている器も出西窯らしくて、ここの土地のもので使うものを作るという姿勢が現れていて素敵だなと思う。
他にも、斐伊川和紙や高橋鍛冶屋さんなどの良い仕事も見せてもらう。
気持ちもお腹も満腹。
[PR]

by potari5 | 2009-12-01 16:51 |

<< 出雲へ 〜町と古い駅舎 長門 湯本温泉 >>