木の実

f0202071_8583032.jpg

島根の石見地方へ。
仕事先のお客さんを訪ねて出かけ、ついでに行ってみたかった場所に寄り道を。
今回訪ねた浜田市と江津市は隣接していて、映画「天然コケッコー」の舞台になったところ。豊かな自然が残っていて、山陰といってものどかで明るい場所。

f0202071_913961.jpg

旭町の山の中にある「おやまの工房 DONGURI」は農園と自宅の側にひっそりある。
体に良いものをとこちらに移り住んで、お菓子を作ってらっしゃる。
この日も明るい奥さんが笑顔で迎えてくれ、タンポポコーヒーとお菓子をいただいてお話を。
小麦粉も全部ではないが農園で作り、卵は農園内に元気で歩く鶏のもの、裏の山でだんなさまが育てた木の実を使って、まさにこの自然の恵みを形にしたお菓子。
砂糖は控えめで素材の味がしっかりして、噛めば噛むほどじんわり旨味が広がる。
優しい味で美味しい。

3人の子どもたちのために作り始めたこだわりのお菓子。
パッケージの3個のどんぐりは子どもたちだそう。
「もりの子ドン」はどんぐりの粉が入っている軽いお菓子。
それぞれの木の実の風味がクセになる。
f0202071_985038.jpg

話していて奥さんは自分の好きな土地に根ざして大きく育った木のようで、お菓子は奥さんから生まれてきた木の実のようだなと思った。
宣伝はほとんどしていないけど、このお菓子を求めてここを訪ねる人が多く訪ねるそうで、そうやってつながりが出来るのが嬉しいとおっしゃっていた。
[PR]

by potari5 | 2009-06-29 09:10 | おでかけ

<< 石見焼 山里の湯 >>