君の犬

f0202071_155753100.jpg

週末に愛犬ナナが死んだ。
ここ数年、暑くなると調子が悪い時が増えて、ここ数ヶ月は散歩の途中でぺたんと座り込んだり。
突然、食べなくなって、動かなくなって、その日の夜に。
7月で11歳になるはずだった。
覚悟はしていたつもりだったけど、冷たく固くなったナナの姿を見るととても悲しかった。小雨が降る中、ナナをみんなで埋めて見送った。
少し時間が経ってまた毎日を過ごしているけれど、いつもナナが居た場所を見ると寂しい気持ちになる。
ぽかんと心に穴が空いたような。


   夢の浜辺に埋めましょう
   掘っても掘っても指先に
   触れてくるのは柔らかな
   想い出ばかり

   岬の波間で揺れるのは
   白い小さな僕らの舟
   からっぽのままで出てゆくよ
   輝く海へ
               —キセル「君の犬」
[PR]

by potari5 | 2009-05-25 16:09 | ひとりごと

<< ガラス バイバイ こんにちは >>